小平市、小金井市で外壁塗装なら奥崎塗装

小平市、小金井市で外壁塗装なら奥崎塗装

「外壁塗装で雨漏りが直る」のは嘘!?外壁塗装と雨漏りについて

994 views

「外壁塗装をすれば雨漏りが直る」と聞いたことはありますか?

外壁塗装において、ある程度までのひびならば、溝を掘って埋める等の処置によって外壁の状態を保つ事ができます。

しかし、外壁塗装の役割とは本来、「雨水や空気中の塵による傷から、外壁材の表面を保護する」事であり、既に損なわれてしまったり、腐食が進んでしまったりした箇所を完全に直すものではありません。

単に「外壁塗装」を指す場合、雨漏りが直ったとしても塗膜が機能している間に限られ、短期間でその効果は損なわれます。

外壁の雨漏りに対しては、もっと根本的な雨漏り調査と対策が必要なのです。

雨漏りに必要なのは「外壁塗装」ではなく「外壁修理」

外壁塗装と外壁修理、どちらも外壁に関わる施工ですが、外壁塗装ができるのは基本的には「予防」までです。

屋根や壁から雨漏りがしている場合、原因として「既に外から内まで浸水するほどの損傷が起きている」「そうならないための合板や外壁材が腐食してしまっている」事が考えられます。

台風や竜巻によって飛んできた物体による突発的な破損が原因である場合もあれば、定期的なメンテナンスを怠ってしまった外壁・屋根が腐食してしまうケースもあります。

歯医者でたとえれば、外壁塗装は「虫歯の予防」であり、雨漏りは「既に虫歯が発生してしまっている」ので、外見だけ整えたとしても、内側の腐食はどんどん進んでしまうのです。

雨漏りが起きたならば、自宅の建築に関わった業者やアパートの大家に連絡し、いち早く対策を取りましょう。

雨漏りする前に、定期的な外壁塗装を

本来、屋根材と外壁材は居住するスペースを保つものとして、長い建築物の歴史の中で、高い防水性や防水塗料を用いて保護されているものです。

しかし、経年によって塗料による保護膜、塗膜が劣化してしまうものでもあります。

従来のモルタル塗装、近年人気のサイディングボードによる外壁材も同様です。

サイディング材は「新築時に塗料が不要」と言われていますが、経年によって素材の防水性能は低下していくので、特に短期間スパンでのメンテナンスが不可欠なのです。

当然ながら、雨漏りするほど修繕が必要になってしまった建材は、交換費用・工事費が相応にかかります。

雨漏りをしてしまう前に、近年メンテナンスをしていないと気づいたならば、お早めに外壁塗装業者にご連絡される事をおすすめします。

小平市の外壁塗装ならば、ぜひ奥崎塗装にご相談ください!

代表 奥崎
一級塗装技能士の奥崎です。お見積りから施工まで私がご対応致します。
お気軽にお問い合わせ下さい!

無料診断実施中!

外壁や屋根の塗り替えなら、小平市の奥崎塗装までお問い合わせ下さい!

042-345-3244 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。